格安スマホの乗り換え先で既に持っているスマホが使えるか

格安スマホの乗り換え先で既に持っているスマホが使えるか

 

MVNOとはSIMカードの契約を行い、格安スマホを運用していきます。

 

そのとき、スマホは既に持っているものをそのまま使うこともできます。

 

その場合、持っているスマホが乗り換え先で問題なく使えるかということです。

 

 

SIMロック・SIMフリースマホについて

 

SIMカードとは、スマホが通信を行うための情報が書かれているカードです。
スマホはそのSIMカードを読み込むことによって、通信を行います。

 

しかし、スマホ側が契約したキャリア以外のSIMカードを受け付けないように設定されている場合があります。

 

それがSIMロックと呼ばれているスマホです。

 

例えば、ドコモのSIMロックスマホの場合、auやソフトバンクのSIMカードを挿しても通信ができません。
しかし、ドコモのSIMカードであれば通信ができます。

 

SIMフリーと呼ばれるスマホは、このロックがかかっていないため、どこのキャリアのSIMカードでも、問題なく使えます。

 

 

MVNOは通信網をキャリアから借りているため、SIMカードもキャリアと同じものになります。
例えば、ドコモの通信網を借りているMVNOと契約すると、ドコモのSIMカードが送られてきます。

 

 

SIMロックがかかっていなければ問題なく使えるか

 

そのように考えると、SIMロックがかかっていなければ、どのキャリアのスマホでも、どこのSIMカードかを気にしなくてもよいことになります。

 

しかし、もう1つ問題があります。
それが、キャリアごとの通信網の違いです。

 

キャリアごとに通信方式が違うため、違うキャリアのSIMカードが問題なく使えたとしても、スマホが違うキャリアの通信方式に対応していないため、通信に制限がかかったり、最悪通信できないというようなことがありえます。

 

こちらに関しては、そのスマホごとに通信方式の違いがあるため、実際に使ってみないと分からないです。

 

 

よって、MVNOを選ぶときには、契約していたスマホと同じキャリアの通信網を借りているMVNOと契約した方が間違いないということになります。

 

 

MVNOのキャリアとスマホのキャリアを一致させよう

 

結局、既に持っているスマホを使う場合、契約していたスマホと同じキャリアの通信網を帰りているMVNOと契約すれば問題ないということになります。

 

もし、契約したいMVNOとスマホのキャリアが合わない場合、新規でスマホを買うことも検討した方がよいです。
MVNOの多くはドコモ回線を利用しています。

 

当サイトでおすすめしているDMM mobileもドコモからMNP乗り換えしやすいのはドコモ回線を使っているからです。

 

MVNOのキャリアとスマホのキャリアは一致させておいた方がよいです!